nasigoren
インドネシアでの就職や転職をするならば就労ビザを取得する必要があります。

駐在員の場合には、日本の会社がすべて手続きをしてくれますから特にご自身では何らかの難しい手続きが必要になることはないでしょう。

ただし、ビザを申請するにあたって自分で取得していかなければならない書類などを用意することもありますから、できるだけ早めにどのように書類を取得するのかを知っておき、余裕を持って会社に提出するようにしましょう。

また、現地採用として働くことになれば、まずはアライバルビザや観光ビザなどで入国した後に就労ビザに切り替える手続きが出てくるかもしれませんから、ご自身でピザ申請について情報を持っておいたほうがスムーズに進みます。

最新情報は政府サイトを確認することと、ビザ取得の手続きに詳しい会社に依頼する方がスムーズに進みやすい。以前は賄賂などで通りやすいこともあった。

インドネシアの就労ビザは、基本的に1年ごとに更新になります。

大学の卒業証明書があれば1年ごとなのですが、短期大学卒業や高校卒業という資格の方ですと半年単位での更新が必要になります。

最大で5年間はインドネシア国内でビザを更新していくことができますから、一度取得すればその後5年間は難しい手続きなどはなく、期間が来れば更新をすれば良いことになります。

仕事する本人は就労ビザになりますが、ご家族が帯同する場合には家族は一時滞在ビザを取得する必要が出てきます。

これも1年単位で更新になり、最大6年間まで延長が可能です。

就労ビザが問題なく取得できれば、ご家族の方のビザもセットで取得が可能になります。

日本在住者がインドネシアでの就労を考えているなら、ビザ保有者じゃなくても選考のチャンスがあって、ビザ取得支援をしてくれる企業を探すのが良いでしょう。

まずは求人情報をたくさん仕入れる事から始めましょう。
日本人むけインドネシア求人情報

インドネシアの物価は日本に比べると非常に安く、初めて訪れた方は驚かれることでしょう。

家賃も東京ならばごくごく普通の金額であったとしても、インドネシアならば大都市のジャカルタでもかなり高級なアパートに住むことが出来るのです。

また、特に物価が安いと感じるのは食費ではないでしょうか。

たとえばお米は1kgで3000ルピア程度ですから、日本円にするとなんと30円ほどで買えます。

また、日本では飲料水や料理に使う水として気軽に水道水が使えますが、インドネシアではそういうわけにもいかないので、頻繁にミネラルウォーターを購入する必要があります。

そういったときにお水が高いとなかなか買いづらいのですが、インドネシアだったら1.5リトルペットボトルのミネラルウォーターが1本20円程度なので気軽に買いだめして使っていくことが出来ます。

インドネシア現地のものを購入するとしたら、大体日本の4分の1から5分の1程度だと考えていて良いでしょう。

そのため、現地採用として働く場合には日本で働くよりももらえるお給料が少なくはあるのですが、だからといってインドネシアならば特に生活に困ったりすることはないのです。

ただし、日本の食材など、輸入品になると税金がかかり日本で買うよりも割高になってしまいます。

普段使っていた醤油などが、何倍もの値段で販売されていますから、最初はビックリしてしまうかも知れません。

ですが、普段の買い物でかなり物価が安いですから問題はないでしょう。

インドネシアではどのような日本人の求人が多いのかをご存知でしょうか。

その国で日本人だからこそ求められる仕事内容を知っておかないと、ご自身が本当にインドネシアで就職することができるのかどうかが分からないかと思いますから、特に求められている仕事について知っておいてほしいのです。

インドネシアでは、自動車やオートバイ、さらには電子機器などの製造業の工場はたくさんあります。

日系企業もいろいろと進出しているので、現地のインドネシア人が製造業に携わっていって製品を作っているのです。

ただし、やはり現地の人だけでは出来ない技術もありますから、日本人が現地に赴いた上で現場で働いているインドネシア人に技術指導をしたり、作った製品を売るための営業をしたりという仕事が求められているのです。

特に多いのが製造業の生産や品質管理の仕事です。

今まで日本国内で製造業をしていた経験がある方はインドネシアでの就職や転職をするにあたってとても有利に働くはずです。

たとえば、インドネシアの平均的な工場の現場では、数十名から数百名の現地の従業員が働いているのですが、そういった方々をまとめたり、技術を指導する役割ができる日本人が必要とされています。

現地採用として働くのであれば、インドネシア語に長けている方が重宝されますが、駐在員として現地の工場に派遣されるという場合には、特にインドネシア語のスキルは求められないでしょう。実際に現地に行ってから、通訳を介して仕事をすることができるケースが多いのです。

インドネシアでは、製造業の仕事が非常に多いのですが、最近ではIT関連の仕事に関する求人も増えてきていますから、日本でIT関連の仕事を経験したことがある方は、そのままインドネシアにて仕事をするチャンスも広がってきています。

もちろん、きちんとスキルや知識、経験が豊富であることが大前提であります。

IT系は語学力不問のことが多いですがインドネシア人と意思疎通が取れるように英語ができたり、インドネシア語ができるのであればより優遇されるはずです。

特にインドネシアに進出している日系企業での仕事となれば、専門職なので非常に給料も水準が高くなり、だいたい年収6,000,000円から8,000,000円といった、日本と変わらない程度、もしくはそれ以上のお給料をもらって仕事をしているSEやPLの方もいます。

日本では、会社の一社員として仕事をこなしているだけだったけれども、インドネシアに赴いてみれば非常にグローバルレベルの大きな仕事に携わることができる楽しみもあります。

もちろん高いスキルか求められますし、ビジネスレベルの英語力も必要となります。

日本ではなかなか経験することができないような大きな仕事を任されるチャンスも出てくるでしょうから、やりがいを求めてインドネシアでの就職や転職に挑戦してみるのも良いでしょう。

専門の資格を持っていたり、実務経験も5年程度が求められたりと狭き門ではありますが、将来的なことを考えるとインドネシアは大きなチャンスを掴むことができる国だということが言えます。

インドネシアという国は、位置的に赤道直下ですから、気候は熱帯性です。日本のように四季があるわけではなく、季節は乾季と雨季の二種類に分けられます。乾季は大体5月から10月ごろまで、そして雨季が11月から4月ごろまでです。

特に過ごしやすいのが乾季で、気温は高いのですが湿度もなくカラっとしていて、日本の夏とはまた違った感じです。

そして雨季も日本のシトシト雨が降り続くような梅雨とは異なり、午後になると突然スコールのようなどしゃ降りになります。常に湿度が高い状態が続きます。

インドネシアでの就職や転職するにあたって、常に気温が高い暑い国ですから日本のように毎日ジャケットを羽織る必要はないので、ビジネス用スーツの準備なども夏物を用意しておくと良いでしょう。日本よりも割とカジュアルスタイルで仕事をされている方が多く見受けられます。

ただし、ジャカルタは大都市できちんとビジネスをされている現地の方、外国人の方がたくさんいますから、バリ島にいるようなカジュアルすぎる格好は好ましくありません。

インドネシアは、ほとんどの方がイスラム教徒のため女性は頭にもしっかりと布を巻いて、肌の露出を避けるような格好をしています。

だからと言って、日本人女性がインドネシアに住むときには同じような格好をしなくてはならないということはありません。

また、金曜日はインドネシアの伝統民族衣装であるバティックを着て仕事をされる方もたくさんいらっしゃいます。

ジャカルタでの生活では、どのような家に住むのかも大きなポイントの一つになっていますが、単身で仕事に来ているわけではなくご家族がいる場合には、広めのマンションや一軒家(借家)という選択肢になってくるかと思います。

一軒家の場合には、配偶者がインドネシア人である場合に利用されることが多いでしょう。

基本的には、ジャカルタ現地の不動産屋さんを通じて探していくことになりますから、現地の言葉が分からなかったりすると、なかなか良い物件に巡り会えなかったり、外国人だから分からないだろう…と高めの料金設定になってしまうことも珍しくありません。

日系の不動産屋があればそこに相談するのが手っ取り早いでしょう。

ジャカルタの一軒家ですと、大きさは50㎡から150㎡以上といったようにさまざまな家がありますので、家族の人数などに応じて適した広さを選ぶことが出来ます。

ただし、サービスアパートのように家具や家電など生活の上で必要なものが揃っているわけではありませんから、自分で買い揃えていく必要があるのです。

そして、支払い方法にも特徴があり、一般的には一年分をまとめて支払う年払いのケースが多くなっています。

貸主の方によっては半年払いにも対応していることもありますので、どのような支払い方法になるのかは、直接貸主さんと確認をとるようにしてください。

料金の相場は、年払いで考えて日本円に換算しますと大体135,000円程度から540,000円程度の物件が多くなっています。

インドネシアでは新婚姻法により20歳代は結婚適齢期とされ20歳以下の結婚は禁止されています。結婚式は盛大で参列者の数も多くお祭りのようです。結婚式と同時に宗教儀式でもあるからです。インドネシアでは異教間同士の結婚はどちらかが結婚の機会に改宗することになります。

結婚の機にイスラム教に改宗することが多いです。異教間同士の結婚もありますが家族や周囲の反対であきらめる人も多いです。

宗教を意識しない日本とは違いインドネシアでは結婚に聖職者の仲介が必要になります。聖職者の結証明書類が必要になるからです。宗教の管理下にない結婚式をインドネシアでは市民婚と言われていますが市民婚による婚姻は認められず必ず証明書類が必要になります。結婚式は宗教施設で行われ結婚したことを認められます。

儀式に立ち会う人は聖職者と結婚を認証する人達です。新郎が神への誓いの言葉を唱え手帳のようになっている証明書に新郎新婦がサインをします。そのあとに証明書に聖職者がサインをします。結婚の証として新郎側から新婦に金や宝石が贈られます。

日本のように指輪の交換はありません。出席者に内容を報告します。来賓の挨拶があり儀式は約1時間くらいで終了します。食事はビュッフェ形式が多くたくさんの人に祝ってもらうため新郎新婦が知らない人も出席することができます。ご祝儀の金額はきまっていないので封筒に自分の気持ちだけの金額を入れることになっています。

日本とインドネシアにはどのような違いがあるのでしょうか。現地の日本人の話を紹介します。

まず、食生活についてです。インドネシア人の大半はイスラム教徒なので、豚肉やアルコールは口にしません。これは、普段豚肉やアルコールが身近な私たちにとっては、大きな違いの一つと感じることでしょう。また、辛さが特徴のパダン料理やちょっと甘いジャワ料理、生野菜が出てくるスンダ料理など、各民族に起源を持っている料理がいろいろあるのも特徴の一つです。しかし、共通していることもあります。それは、米食文化だということです。インドネシアではパン食も普及していますが、基盤にあるのは日本と同じ米食です。

次に、ものごとの考え方についてです。インドネシア人は楽観的な人が多いと言われるように、毎日、決められた時間通りに動くという考えはあまりありません。ですから、仕事でいうと休日出勤や残業など日本では珍しくないことも、インドネシア人には馴染みがありません。

また仕事をする上で、日本人は計画を綿密に立ててから実行しますが、インドネシア人はそこまで計画にはこだわりません。どうしてこのような考え方が多いのかというと、理由は大きく二つあるようです。

一つは、発展途上国であるために交通機関が発達していなかったり、停電やスコールがあったりと時間が読みにくいということです。そしてもう一つは、もともとのインドネシア人の気質がのんびりだということです。日本に比べて流れている時間がゆったりなので、時間に追われず、穏やかにのんびり過ごすことができるのではないでしょうか。

インドネシアで最も知られた遺跡は、ジャワ島にある8世紀の終わりごろに建設されたボロブドゥール遺跡です。

世界文化遺産に登録されている遺跡でもあり、大乗仏教を信仰していたシャイレーンドラ王家によって作られました。

石像の仏教寺院遺跡であり、現在は1辺120メートル、高さ33.5メートルとなっていますが、建設当時には高さ42メートルもあったそうです。

ボロブドゥール遺跡の特徴としては、全部で9層のピラミッド状の壇上に、72基ものストゥーパと呼ばれる仏塔がぎっしり並び立っているという異様さが目立ちます。

総延長5キロにもなる壇上の回廊に、仏教説話にもとづいて1460面のレリーフが作られているという、非常に精巧にできた建造物です。

ところで日本の奈良県奈良市にある頭塔は、奈良時代頃の仏塔ですが、階段ピラミッドであり各所に仏像を安置していることから、ボロブドゥール遺跡と同じ目的があるとも言われています。

ボロブドゥール遺跡の3キロ東にあるムンドゥツ寺院には、3体の石造仏が安置されています。壁のレリーフは、日本でもよく知られる鬼子母神と毘沙門天とのことです。

インドネシアのジャワ島では、歴史的にも観光地としても、最も価値を置かれる遺跡となっています。

PAGE TOP